唯一無二の雑誌である

a man talking on the phone

SNSでさまざまな情報が一気に拡散するようになったことで、メディアの腰が引けているという状況が続いています。少しでも誤った情報を流したり、過激なことを言ったりすると、すぐに広がってしまい、場合によっては大バッシングに繋がってしまうからです。そういったことが起こらないように、予め自主規制をしています。その自主規制は年々厳しくなり、今やタブーだらけになってしまっているんです。
今、テレビや雑誌が面白くないと言われているのはこのせいなんです。発信側が自らタブーを作っているようでは、面白いテレビ番組や面白い雑誌が出来るわけがないんです。これは当たり前のことなんです。
ですが、裏モノジャパンはこういった時代の中でも面白いものを作り続けています。というのも、裏モノジャパンにタブーなどは存在しないからです。自主規制という言葉もありません。他の雑誌では絶対にできないことをやり続けているんです。
裏モノジャパンは、数多くある雑誌の中で特別な存在です。ですから、裏モノジャパンに掲載されている情報は、絶対にどこでも手に入れることができないものなんです。
裏モノジャパンは、どれだけ時代が変わったとしても、このスタンスを貫いていくことは間違いありません。面白いものを作り続けていくでしょう。他の雑誌などは、今後も自主規制で自分の首を絞めることになるはずです。そうなれば、裏モノジャパンの存在価値は自然と上がっていくことになるはずです。